2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ラーメン(福井県)

2014年3月23日 (日)

「お台場ラーメンPARK in 福井」(福井市)

今年も行ってきました「お台場ラーメンPARK in 福井」。国道8号沿いにある福井県産業会館で行われています。第4弾となる今年は、前半(3月19日~24日)と後半(3月25日~30日)に分かれ、首都圏をはじめ長野、富山、石川などから12店舗が参戦しています。今年は、前半と後半でそれぞれ違う味が楽しめるようになっており、三連休最終日の今日も多くのラーメンファンで賑わっています。今年も”ラーメン王”石神秀幸氏が総合プロデュース。北陸初登場のお店も多く、とても楽しみですね。6271 6290 6280 6291

2013年6月24日 (月)

「麺屋 輝之介」(福井市)

福井市の「輝之介」へ。お昼時、お客さんが次々と訪れる人気店です。店内は綺麗で洗練された雰囲気があります。券売機を見ると、黒とんそば、赤とんそば、つけそばなどがありましたが、今日は黒とんそばを注文。メニューを見ると、黒とんそばは醤油とんこつ+焦がしニンニク油、赤とんは醤油とんこつ+唐辛子油とのことでした。さて、黒とんそば、スープはとろみが強くまったりとしています。かなり濃厚な豚骨醤油スープです。焦がしニンニク(マー油)の香ばしさと風味が後を引く旨さです。食欲をそそりますね。麺は平打ち角断面の太麺。やや堅めで噛み応え、食べ応えのある麺。まったりとしたスープが絡みつき、濃厚スープに負けない存在感のある麺です。チャーシューは肉厚ですがとても柔らか。味付けも抜群でこのチャーシューは旨いです。味玉も味付けといい半熟具合と言い絶妙です。そしてメンマではなく竹の子が2本。これがシャキシャキで美味しいんです。コッテリスープに爽やかなアクセントのよう。もやしもかなり多いです。終盤、”海の恵み(鰹粉)”を入れてみると、節系の旨みが加わり美味しくなりました。黒とんそば、食べ応えあるらーめんでした。接客も好印象。4215 4213 4214

「ラーメン 江どめ屋」(福井県坂井市)

久々に福井のラーメンをいただきに来ました。まず坂井市の「江どめ屋」へ。写真つきのメニューを見て美味しそうだった厳選黒醤油ラーメンに煮玉子トッピングで注文。スープは黒醤油で真っ黒。鶏がらなどの動物系ベースに秘伝の熟成醤油ダレの黒醤油スープ。背脂も結構浮いています。見た目はコッテリとしていそうですが、一口飲むと見た目ほど濃くは無く、スッキリとして旨み抜群。この味、好きですね。美味しいです。ブラックペッパーのようなスパイシーな後味も感じます。麺は細ストレート麺。細麺ですが歯応えのある麺です。チャーシューがとろとろに柔らかく、煮玉子も割ると黄身が流れ出るような半熟具合。そしてたっぷりの九条ネギのシャキシャキ感がたまらなく美味しいです。京都ラーメンを意識しているこのラーメン。旨かったです。4207 4205

2013年3月30日 (土)

「お台場ラーメンPARK in 福井 第3弾」(福井市)

ラーメン王・石神秀幸氏が総合プロデュースを務める「お台場ラーメンPARK in 福井 第3弾」。3月20日から31日までの間、福井県産業会館で行われています。土日は10時開場。今日は開場前に数十人が並んでいましたが、午前中、さほど混雑はしていません。会場には首都圏の名だたる有名店をはじめ、石川県、新潟県、長野県などからも参戦。合わせて12のブースが並び、自慢のラーメンを提供しています。ラーメン券は当日券で800円とやや高めですが、東京などに行かないと食べられないラーメンをこちらで味わうことができます。こういったラーメンイベント、雰囲気といいですし、食べ比べもできて最高ですね。4306 4316 4322

2011年7月18日 (月)

「なん・なん亭 あわら本店」(福井県あわら市)

芦原温泉街にある「なん・なん亭」へ。北陸ラーメン博にも出店した人気店です。名物のふわとろ玉子かつどんなど、メニューも豊富です。そんな中から今日は豚菜ラーメンを注文。もやし、きゃべつ、白菜などたっぷりの野菜に、なんと豚の唐揚げが乗っかっています。動物系と野菜の旨みたっぷりのスープ。黒胡椒のスパイシーさが加わって旨み抜群です。中細玉子麺はコシがあって、しっかりと麺の味を感じます。スープとの相性もバッチリ。豚の唐揚げもやっぱり旨いですね。最後までスープも熱々。ボリューム満点で美味しいラーメンでした。4899 4897

2011年5月21日 (土)

「塩らーめん専門店 麺屋 る・ぐー」(福井市)

福井市の「る・ぐー」へ。以前北陸ラーメン博でいただいたことがありますが、店舗では初です。大きな厨房を取り囲むようなカウンターです。こちらは塩専門店。今日は塩らーめんを注文。スープは結構濃厚な塩味。ニンニクがかなり効いていて、ゴマとネギもたっぷりです。コク、旨み抜群でとても美味しいスープです。中太麺はコシがあってつるつる。メンマも濃い目の味付けです。チャーシューが肉厚ですが、とろける柔らかさ。肉の味がダイレクトに伝わる逸品です。大柄な店主の繊細な仕事が光る絶品塩らーめん。旨かったです。4119 4118

「岩本屋 福井本店」(福井市)

福井市の「岩本屋」へ。富山市にも出店していますが、こちら福井本店です。次々にお客さんが訪れる人気店。今日はらーめんを注文。とにかくスタッフが元気と言うか、大きな声です。注文時に麺の堅さ、味の濃さ、背脂の量、ネギの量の好みを聞かれます。今日は全て普通で。濃厚豚骨醤油味に背脂もたっぷりですが、まろやかで意外にすっきりとしています。味歯結構濃い目です。中太縮れ麺はやや堅めの茹で上げ。チャーシューは柔らかくてとろとろです。炒められたメンマは焦げ目も付いて香ばしくなっています。食べている途中でスタッフが「今日のらーめんの味はどうですか?」と聞いてきますが、食べることに没頭しているので、食後に聞いたらどうかなって感じました。4117 4116 4115

2010年9月19日 (日)

「是・空 @北陸ラーメン博」(福井市)

北陸ラーメン博、四杯目はつけめん。福井市の「是・空」です。福井をはじめ、北陸三県に展開している「岩本屋」のネクストブランド、つけめん専門店です。出品ラーメンは”濃厚つけめん”です。どろんとしたつけダレは動物系の旨み抜群。魚粉を混ぜ合わせると濃厚魚粉系つけダレに。(魚粉は海苔の上に乗っていたのですが、外のブースを出て運んでいる最中に海苔が風で飛んでしまいました・・・。)これは美味しいつけダレです。太麺はもちもち。弾力、歯応えも十分の旨い麺。とろみのあるつけダレがよく絡み付いてきます。チャーシューの味付けは薄目ですが、肉の旨みそのままに。美味しいつけめんでした。まだまだ食べたいラーメンがありますが、今回はこの辺で撤収します。北陸のラーメン界も盛り上がってきていますね。今後も楽しみです。3979

2009年10月11日 (日)

「麺屋 る・ぐー @第4回北陸ラーメン博」(福井市)

北陸ラーメン博、3杯目は福井市の「る・ぐー」へ。福井では塩らーめん専門店として人気のお店。今回は、冷たいらーめんと温かいラーメンを選べますが、冷たい方にしてみました。”特製冷しらーめん”です。あっさり塩味のスープは、冷たくてもコクと旨みがあって美味しいです。熱いのも旨そうな予感。麺は細麺。炙りチャーシューはやっぱり熱いほうがいいような・・。ゴマがいいアクセントになっています。2073

その他のカテゴリー

うどん お城 お祭り そば(その他) そば(富山県) そば(新潟県) そば(長野県・中信) そば(長野県・北信) ぶらり旅(中国) ぶらり旅(北陸) ぶらり旅(四国) ぶらり旅(新潟) ぶらり旅(東京) ぶらり旅(東北) ぶらり旅(東海) ぶらり旅(長野県・中信) ぶらり旅(長野県・北信) ぶらり旅(関東) ぶらり旅(関西) イベント カレー ギャンブル グルメ スイーツ・パン スポーツ ニュース プロレス ラーメン(その他) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(宮城県) ラーメン(富山県・東部) ラーメン(富山県・西部) ラーメン(山形県) ラーメン(岐阜県) ラーメン(岩手県) ラーメン(愛知県) ラーメン(新潟県・上越) ラーメン(新潟県・下越) ラーメン(新潟県・中越) ラーメン(東京) ラーメン(石川県) ラーメン(福井県) ラーメン(福島県) ラーメン(秋田県) ラーメン(近畿地方) ラーメン(長野県・中信) ラーメン(長野県・北信) ラーメン(長野県・東信) ラーメン(関東地方) ラーメン(青森県) 丼物 博物館・記念館 寺社 日記・コラム・つぶやき 歴史 洋食 温泉(その他) 温泉(富山県) 温泉(新潟県) 温泉(長野県・中信) 温泉(長野県・北信) 遊園地・テーマパーク

カテゴリー

最近のトラックバック