無料ブログはココログ

グルメ

2022年12月15日 (木)

「餃子の照井 飯坂本店」(福島市)

円盤餃子が名物の福島の餃子。その中でも飯坂温泉にある人気の「照井」飯坂本店に行ってみました。飯坂温泉駅から歩いて4分。お店の前には何と足湯!!さすが飯坂温泉です。店内には安倍元首相やサンドウィッチマン、バナナマンなどそうそうたる有名人のサインが飾られています。さっそく生ビールと福島名物円盤餃子一皿(22個)を注文。綺麗に並べられた餃子はまさに「円盤」。22個の餃子が円を描くように並んでいます。一人で22個食べられるか少しビビりながら食べてみます。やや小ぶりのこの餃子、薄皮は揚げ餃子のようにパリッとしてカリカリの食感。中の餡はジューシーでニンニクがしっかり効いています。野菜も多めのためか全然重くはなく、軽い感じでいくらでもいけそうなくらいどんどん進みます。醤油やラー油とともに一味でも味変。ビールも進む進む。心配するまでもなく、22個もぺろりと完食できました。さすが名店「照井」の円盤餃子、旨かったーーー!!

Cimg2168

Cimg2174

Cimg2178

Cimg2189

Cimg2175

Cimg2176_20221214131101

2019年8月30日 (金)

「日本一うまいトコロテン」(新潟県上越市)

「岩前戸商店」でラーメンを食べた帰り、「日本一うまいトコロテン」へ。テレビでも紹介されたこともあり、多くのお客さんが訪れます。品名も「日本一のトコロテン」、300円です。注文し、涼しげな池のほとりのテーブル席で待ちます。すぐに出てきました。芸術的なとても美しいビジュアル。太いです。醤油がかけられ、縁には辛子。箸は一本箸。弘法大師の一本杖にあやかっているそうです。その一本箸ですくって食べてみると、これがメチャ旨い!トコロテンの味が濃いっていうか、トコロテンの味をしっかりと感じます。スーパーで売っているものとはまるで別物って感じ。「日本一うまい」とはあながち嘘ではない?辛子を付けると更に美味しい!卓上に醤油、酢、青じそがあり、最後の方で青じそをかけてみました。これまた旨かったです。席の近くに岩清水があり、飲むことも可能。この水がいいトコロテンを生んでいるのかな。とにかく旨かった!「いよ!日本一!!」

Cimg2445

Cimg2447

Cimg2448

Cimg2455

Cimg2456

Cimg2451

Cimg2458

Cimg2462

Cimg2460

2017年9月10日 (日)

「味噌と餃子の青源 パセオ店」(栃木県宇都宮市)

老舗味噌店が手掛ける餃子のお店。JR宇都宮駅のエキナカにあります。メニューを見ても味噌と餃子の融合、他では見られないメニューがあります。その中から、ネギ味噌焼餃子(6個)と青源水餃子(5個)を注文。またまた生中もいただきます。ネギ味噌焼餃子はたっぷりの小ネギと味噌ダレがかけられています。餃子に味噌ダレ、合いますね。さすが味噌屋さんの味噌ダレです。見た目よりはサッパリとしていて、どんどん進みます。餃子もジューシーで中の餡もぎっしり。水餃子は赤味噌の汁(スープ)の中。スープには生姜と酢が入っています。この生姜の味が味噌とよく合います。餃子も皮はもちもち。旨いです。味噌と餃子のマッチング、さすが味噌屋さんの味噌は旨いですね。最後に味噌おむすびを追加注文。風味の良い味噌のおむすびはやっぱり旨いです。
Cimg4160_2


Cimg4159_2


Cimg4166


Cimg4165


Cimg4170

「餃子専門店 餃天堂」(栃木県宇都宮市)

宇都宮の餃子食べ歩き、二軒目は宇都宮駅前の人気店「餃天堂」。お店の前には行列ができていました。「食べログ第1位」のPOPが貼ってあります。店内はカウンターメインでちょっと狭いです。餃子専門店ということで、メニューを見ると焼餃子と水餃子があり、そのセットもあります。今夜は店名が付いて餃天堂セット(焼餃子5個、水餃子3個)にしました。ここでも生中をいただきます。焼餃子は俵のような形。ちょっと他とは違います。店員さんのおススメでマヨネーズに一味をかけたものにつけて食べます。皮はもっちりとして、全体的に油っぽくはなく、中の餡もスッキリとして食べやすいです。水餃子は味のない湯に入っていて、店員さんが「スープに醤油や酢を入れてください」みたいなことを言われましたので、言われる通り醤油、酢、ラー油も入れて味付けしました。ほうれん草入りということで緑色をしていますが、それほどほうれん草が主張しているような感じではありません。こちらも皮はもちもちです。自分的には焼餃子の方が好みでした。またまたビールが進みました。
Cimg4154


Cimg4155


Cimg4158

「宇都宮餃子・中華料理 めんめん」(栃木県宇都宮市)

宇都宮に来ました。宇都宮と言えばやっぱり餃子。今夜は何軒か食べ歩こうかと思います。一軒目は人気店「めんめん」。羽根つき餃子が有名で、テレビでもよく紹介されています。麺類やチャーハン、一品料理もありますが、羽根つき餃子’(6ヶ)と生中ジョッキを注文。餃子にはやっぱりビールですね。今日は結構歩いて汗をかいたので、冷たいビールが最高、のどを潤します。羽根つき餃子、この黄金色の羽根、美しいですね。メニューに「焼き餃子のおいしい召し上がり方」が書いてありましたので、その通りにいただきます。

●ますは酢だけで召し上がれ。・・・さっぱりとした酢が餃子の味を引き立てます。
●次に辣油を入れて「ラー油はよく混ぜて」召し上がれ。・・・酢にラー油が加わり、辛味が餃子をどんどん進めます。
●最後の醤油を少したして召し上がれ。・・・これは定番の味。やっぱり餃子は旨い!

皮も羽根もパリパリ、中の餡から肉汁があふれてとてもジューシー。何より餃子そのものの味が抜群です。ビールもどんどん進んでついついおかわり。「めんめん」の羽根つき餃子、旨かったです。
Cimg4142_2


Cimg4148_2


Cimg4146

2017年4月30日 (日)

「秋田川反漁屋酒場」(秋田市)

秋田の夜は繁華街・川反の「秋田川反漁屋酒場」で飲み。「ここ一軒で秋田県。」のキャッチフレーズの通り、秋田の郷土料理、秋田近海の魚介類、秋田の地酒が楽しめます。お店の前ではなまはげ、店内に入ってカウンターに座っても隣りになまはげがお出迎えです。さっそく秋田名物をいただくことに。店員さんと相談して、刺身三点盛り、きりたんぽ田楽、いぶりがっこ、山菜天ぷらを注文。まずは生ビールで乾杯。刺身はぶり、まぐろ、白身など、プリプリでいかにも活きがよさそうです。きりたんぽの田楽は赤味噌で。甘い赤味噌ときりたんぽがよく合います。いぶりがっこは噛むほどに旨みが広がります。このスモーク感がいいですね。ご飯が欲しくなります。山菜天ぷらは新潟ではあまり食べないような素材もあったように思われました。揚げたてでサクサク、旨かったです。秋田の地酒は辛口をチョイス。日本酒度「5」の中から「刈穂」(大仙市)と「かまくら」(横手市)をいただきました。飲み口の良い辛口、旨いですね。料理が進みます。帰り際、本物のなまはげが乱入。結構話好きななまはげでした。秋田、いいですね。また来ます。
Cimg2845


Cimg2857


Cimg2848


Cimg2850


Cimg2851


Cimg2854


Cimg2858


Cimg2860

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31